アンテナ工事にかかる費用のスベテ!

2018.12.25
2018.12.26
   

よく家の屋根の上やベランダにあるアンテナですが、テレビをみる上で必須の機器です。新しく設置する、災害などで倒れた時の再設置費用、または古くなったアンテナの撤去など、アンテナ工事にかかわる工事費用はさまざま。今回は設置する時の工事費用についてまとめました。滅多にしない工事だからこそ、高額な請求は回避したいものです。施工業者へ見積もりを依頼する際に参考にしてみてください。

アンテナはカタチで価格が違うのか

アンテナの形は様々です。例えば屋根の上についてるものは突起がたくさんありますが、ベランダなどに設置されているものは丸い円盤型です。テレビの受信によく使われるアンテナとしては突起がたくさんついた八木式アンテナ、円盤がついたパラボラアンテナ、仕組みは八木式アンテナと同じもので形状がボックス型のボックスアンテナなどがあります。

価格は形だけで決まるというよりも大きさや受信の性能によって変わります。電波の強さは電波塔からの距離や周辺の高い建物や山の有無によって変わるので、地域にあったアンテナを購入し、設置場所を検討することが必要です。電波が強い地域でしたら、例えアンテナが倒れていてもテレビが映ることもありますし、最近ネットでも手軽に購入ができるようになった室内型のアンテナでも、室内のどこにおいてもテレビが映ることもあります。

ただし、アンテナが倒れていると落下して近所迷惑になることもあるので、早めに撤去工事や立て直しの工事を依頼するようにしましょう。

その作業ホントにコストをかけるべき作業ですか?

アンテナ工事の中で、お金が発生するものは4つあります。出張費と見積もり費、アンテナ本体の取り付け費、備品代や追加でかかる工事などにかかるオプション費、この3つは設置の際にかかる費用となっており、残りはメンテナンスサポート代です。出張費と基本のアンテナ本体の設置代は業者によって高い安いがありますが、ネットや電話でも確認しやすい費用ですし、出張費に関しては無料としている業者もあります。

気をつけたいのが、基本設置代で済まない時やオプション費用です。例えば3階の屋根のアンテナ工事で、ベランダから上がるのも難しいという時は高所作業車を呼ばないといけない時もあります。作業車を呼ぶと合計費用が10万円を超えることもあります。

また、アンテナとテレビを繋ぐのに必要な配線工事、アンテナを固定する金具等をオプション料金扱いの業者もあります。大事なのは、見積もりの際に、何の料金か、なぜ必要なのかを、工事前に確認する事です。

頼れるサポートやメンテナンスにはいくらかかるのか

設置後にテレビの映りが悪い、アンテナが倒れたなどの問題がおこることもあります。そういった時に対応してくれるのが、保証サービスやブースター設置です。アンテナ設置業者によって、保証期間や保障内容、価格は無料か有料かわかりますので、連絡する前や見積もり時に確認してみましょう。特に、台風や大雪などの自然災害が含まれるかどうかは重要です。保障があることで、台風の強風や雪の重みでアンテナが倒れた時、アンテナの方向がずれた時でも対応してもらえます。

設置不良が原因の不具合を直してもらえる保証を指す場合も多いです。ブースターはテレビの電波を増幅する機械で、安いところで15000円から設置してくれます。

まとめ

アンテナ工事の費用には設置代以外にも費用がかかります。設置のためにかかるのであれば仕方ないかもしれませんが、業者に任せきるにするのではなく、なぜ必要なのか、なぜその値段なのかをこちらから確認することも大事です。良心的な業者であれば、見積もり時に説明してくれたり、見積書に細かく記載もしてくれますが、全ての業者がそうであるとは限りませんので、今回の記事を参考にしてみてください。

       2018/12/26