テレビの設置方法を解説

2019.01.31
最終更新日:2019.03.27

何かとばたばたしてしまい大変な引越しで、新居に落ち着いてからいざテレビをつなごうという際にふと気が付くのが、正しい設置方法を知らなかったという罠ではないでしょうか。
また、新しく買ったテレビをつなごうとしたら方法がよく分からなかったという経験のある方もいらっしゃるかもしれません。今回は意外と戸惑ってしまいがちな設置方法と必要なものなどについて、くわしくご紹介していきたいと思います。

テレビの設置に必要なものとは?

いざテレビをつなごうと思って、画面の裏側を見たらたくさんの配線コードをつなぐインプットがあって混乱したとか、付属の配線コードが多すぎてよく分からなかったなどという経験が、おそらくどなたにでもあるのではないでしょうか。
確かにぱっと見た感じやイメージでは難しそうに感じる設置方法ですが、実はそんなに難しくないことをご存知でしたか?配線コードの数やイメージの難しさなどに惑わされずに、落ち着いて手順を踏んでいけば、どなたにでも簡単に設置ができます。
テレビを視聴する方法にもよりますが、必要なものは至ってシンプル。もちろん、テレビ本体とその電源ケーブルは必須ですが、アンテナを利用する視聴方法を選択している方の場合はアンテナ、アンテナケーブル、B-CASカードがあれば設置ができます。
そのほか、BS・CSチャンネルも合わせて視聴したいという方の場合は、分波器なども必要になります。

テレビの設置までのステップ

ひとつひとつの設置ステップもとても簡単なので、ポイントをおさえればどなたにでも短時間で作業が可能です。当然のことですが、大型のものほど作業が難しくなりますので、大きさによっては2人以上で作業した方がスムーズかもしれません。
また、本体や床に傷などがつかないように、カーペットやマットなど柔らかめの布地の上で作業をおこなうのもおすすめです。まずは、テレビ本体を平らな床などの安定する場所に置き、本体を支えるスタンドを付けます。
そして、付属のネジなどで本体とスタンドをしっかり固定します。これでほぼ完成です。テレビ台に設置する場合は、地震などのもしもの時に備えて、本体と台をしっかり固定するようにしましょう。あとは、電源ケーブルをつなぎ、アンテナケーブルをつなぎ、B-CASカードを挿入して、チャンネルをお住まいのエリアに合わせれば、無事に完了となります。

より機能を充実させるためのステップとは

前述させていただいた基本の方法にプラスして、機能を充実させるためのステップも存在します。みなさんもすでにご存知の通り、テレビ本体にいろいろな機器を接続することで、さまざまな楽しみ方ができます。
主な周辺機器としては、ブルーレイやDVDレコーダー、ホームシアター用のスピーカー、家庭用ゲーム機などがあげられます。レコーダーなどの接続に使うHDMI端子、外付けハードディスクなどをつなぐためのUSB端子、LANケーブルによるインターネット有線接続に使うLAN端子など、各種の端子がありますので、きちんと形状の合ったもののところにつなぐように注意しましょう。
また、IoT化が進んでいる最近は、テレビをネットワークにつなげることで使い方も自由自在になっていますので、ぜひいろいろな機能を楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

苦手意識を持ちがちなテレビの設置方法についてご紹介させていただきました。いかがでしたか?手順も簡単なものでわずかなステップで設置が可能です。初めての方でもらくらく作業ができるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
とくに、最近はテレビの周辺機器としても本当にさまざまなものが登場しています。また、テレビとしてだけではなく、より充実したAV環境を便利に楽しむためにも、インターネットに接続するなどいろいろな楽しみ方をしていただければと思います。