地デジアンテナ工事は種類がある?選び方の注意点とは

2019.04.09
最終更新日:2019.04.05

今、テレビを視聴するためには地デジアンテナが必要です。そして更に言えば、アンテナを取り付けるための、地デジアンテナ工事を行う必要があります。

でもただ単に工事を受けるというのは注意点があります。地デジアンテナ工事には種類があり、それをしっかり把握しておかないと後で失敗したり恥ずかしい思いをしたりすることだってあるのです。

そんな思いをせず、楽しく地デジを楽しめる、ポイントについてご紹介します。

 

地デジアンテナの工事は時期が大切

最初の注意点です。地デジアンテナ工事は、時期が大切であるということについてご紹介しましょう。

何故かと申しますと、地デジアンテナ工事は後から思い立って取り付け工事をすると、ちょっと恥ずかしい思いをしやすいものだからなのです。最近の戸建て住宅を見てみますと、どうでしょう。昔の家屋の屋根に輝いていたアンテナを見かけることが無くなったと思いませんか。

近年はアンテナを外付けではなく、壁面などへ取り付ける内蔵型アンテナという種類のアンテナが普及しています。もちろん地デジアンテナ工事も例外ではありません。そのため住宅を建てる場合、後付けではなく、工事の段階で設置するという家が増えています。

もちろん、後付けで取り付けられる種類のアンテナもありますが、見栄えという面で言えば工事も計画立てして行う方が良いのです。こうした面から、アンテナ工事に関しては種類によっては工事時期をしっかり見極めるべきという注意点があるといえるのです。

 

アンテナのデザインに種類がある?

こうした工事時期の注意点が必要な地デジアンテナ工事についていえば、もうひとつ気を付けるべきところがあります。それはアンテナのデザインです。

魚の骨のような形をしたアンテナを八木式アンテナと呼びますが、このタイプのアンテナはたいていが類似した形状をしているため、とくに種類を選ぶという工程の必要はありませんでした。でも、壁面設置ができるアンテナに関しては、平面型や壁面型など種類が豊富にあり、さらに各部屋でもテレビ視聴が可能にできるための分配器など、様々な選択項目があるという注意点が存在します。

地デジアンテナ工事の際には、どのタイプのアンテナが自分の家に合っているのか、デザイン性も含めて吟味する必要があるのです。ここをおろそかにしてしまうと、後で見た目の印象が悪い家になったり、ご近所の雰囲気と違って少し恥ずかしい感じになってしまったりということもありえます。ですから、ないがしろにできない問題点でもあるのです。

 

取り付け工事の際の注意点とは?

もうひとつ、地デジアンテナ工事の際の注意点があります。それは取り付け工事の際の注意点です。

地デジアンテナ工事に関しては、取り付ける場所によって様々な種類の制約を受ける場合があります。その一つは電気の配線です。地デジアンテナ工事するべき場所に電気配線が存在していない場合には、新たな配線を検討する必要があります。この際の注意点として、部屋の配置の変更を余儀なくされる可能性があるということも起こり得るということです。また分配器に関しても同じことが言えます。様々な種類の部屋で視聴を楽しみたいと思っても、それが叶わない場合も起こり得るのです。

もう一つ、電界という問題もあります。これはアンテナの性能についてですが、電界の強弱によってアンテナの性能が変わってきてしまう場合もあるのです。ですから自分が取り付ける予定のアンテナの種類が地域に合っているのかといった注意点の確認は欠かしてはいけません。

 

まとめ

地デジアンテナ工事と一言で言っても、その注意点は多く存在しています。しかし、ここをないがしろには出来ません。自宅でのんびり好きなテレビを好きなだけ、沢山の種類見ることができる環境にするか否かは、この取り付けにかかっていると言っても過言ではないのです。

ですが、この大変な問題を克服した後には、楽しいテレビの時間が待っているとも言えます。今一度、ご自宅のアンテナ工事について検討してみてはいかがでしょう。