アンテナ工事の種類によっては補助金が出る?

2019.05.09

テレビのアンテナ工事は決してハードルは高くないんです。価格や設置場所でお悩みかもしれませんが、この記事を見れば価格の不安は消えます。

実は、アンテナの種類によっては、補助金が出ることがあるのです。アンテナ代やチューナー代など、アンテナ設置をしようとするとどうしても価格の負担が大きくなりがちですが、補助金が出ると少しは楽になりますよね。

では、今から知っておきたい価格の話をしていきましょう。

アンテナにはどんな種類があるの?

まずは、アンテナを設置することで見ることができるようになる番組を確認していきましょう。普通のテレビでは、地上波を見ることができますが、それ以外にもとっても面白いものを見れるんです。

まず、4kや8kといったものです。これは、高画質で映像を楽しめます。アンテナで接続することで、好きなドラマなどを細部まで見ることができ、より楽しむことができます。

bsやcsについては皆さんも知っているのではないでしょうか。新聞の番組一覧などにも載っていますよね。最近の映画から懐かしの名作、アニメのみの放送や人気芸能人たちの特別ドラマやバラエティなど、そこでしか楽しめない番組を見ることができます。

このように、アンテナをつなぐとたくさんできることが増えていきます。けれど、価格が高いからな、と諦めてしまわないでください。次からは、どのようにすればアンテナ工事に補助金が出るのかを詳しくご説明します。

補助金はいくら出る?

早速、補助金の仕組みを解説していきます。まず、対象となるのはアンテナに出るわけではないのです。今まで使っていた機器を、新たに取り換える際に、改修費用として補助金が出ます。ただ、2017年以前にアンテナを設置した方や、新築で新規にアンテナを設置した方には支払われないなど条件があるのでご注意ください。

では、その金額はいくらなのでしょうか。それぞれで支払われる金額はまちまちなので、大まかな平均をお話しします。だいたい、4~5万円程度といわれています。見積もりを出してもらえることもありますので、店頭で相談してみましょう。

補助金が出るおすすめの種類を紹介

補助金を手に入れるためには、苦労してしまうこともあるようですが、あればやはり助かりますよね。ここでは、アンテナのおすすめ種類とともに、補助金の対象と非対象についても説明を詳しくします。

まず、補助金が出るのは個人の住宅、もしくは集合住宅にお住まいの方です。アンテナは、4kや8k、bsやcsなどを見るのに必要なアンテナであれば、可能性はあります。

しかし、ここで知っておいてほしいポイントがあります。それは、補助金が出るかどうか分かるまで一か月かかってしまうということです。アンテナ工事の後、すぐにお金が戻ってくるというわけにはいかないということを念頭に、考えてみてくださいね。

まとめ

ここまで、アンテナの補助金について説明してきました。アンテナ工事はアンテナを設置するのに費用がかかってしまいがちですが、少しは返却されるという嬉しいものでした。

しかし、受け取るためには様々な条件をクリアした上で、一か月後にしか支払われるかどうかが分からないのです。このような点も有りますが、約4~5万円もらえますので、これだけもらえるととても助かりますよね。

審査は厳しいので、店舗などでアンテナを購入した際に店員さんに相談してみることをおすすめします。お得に設置して、さらに楽しんでくださいね。