アンテナ工事をして撤去する!注意点とやり方について

2019.05.18

アナログ放送時代のアンテナや、そのほかの様々なアンテナ、もう必要が亡くなった時には皆さんはどうしていますか?もしかして、そのまま野ざらしにしてしまったりしていませんか?

不必要なアンテナは撤去しておかないと、劣化による火災や崩壊など、色々な問題が出て来てしまいます。ここでは、アンテナ工事で皆さんに知っておいてほしい基本的な情報や、撤去時の注意点などを分かりやすく説明していきます。

アンテナを撤去する時とはいつ?

テレビの番組などを受診するアンテナを撤去したことはありますか?意外と、皆さんも経験は少ないのではないかと思います。経験が少ないとどのようなことが起こるかというと、やはりやり方が分からないという問題が発生します。

まず、アンテナ工事でアンテナを廃棄するのに一番多い理由は経年劣化により、買い替えるというものです。家庭での買い替えもありますが、寮や施設などでは一気に買い替えたりしますので、繁忙期には業者はかなり忙しくなることもあるようです。

一例になりますが、BSなどのアンテナは基本的には3~5年程度の期間で古い物から新しいものに変える必要があるようです。また、家の外観の印象とアンテナのデザインが合わないから変えるという方も過去にはいらっしゃったようですので、人によって理由は様々あるそうですよ。

自分でも撤去できる?

アンテナ工事はなるべく安価に済ませたいという方も多いのではないでしょうか。業者に依頼する方が楽で安全ですが、資金的な問題から自分でやれるならやりたい、という方に必見のお話をここではしていきます。

結論から言いますと、アンテナ工事をご自分でやることはおすすめできません。アンテナは基本的に屋根の上にある物ですので、高い場所で繊細な作業を求められます。
また、アンテナの状況によっては業者の方でもしっかりと足場を組まなければいけないような作業もあるくらいなのです。実際に作業したことのある方ならご自分でやっても大丈夫ですが、素人である場合は無理せず業者に依頼するようにしてくださいね。

業者は高いのでは、と不安に思われている方でも安心してください。昨今では、業者の選び方を工夫すればかなり格安で済ませることができます。

気を付けて!アンテナ撤去での注意点

アンテナ工事は業者に依頼した方が安心して撤去してもらえるというお話をしました。しかし、ここで落とし穴があるのです。業者には、良い方が多いのですが、悪徳といわれる業者がいることも事実であり、高額な料金を請求してくる場合があります。ここでは、そんなアンテナ工事依頼をする上で気を付けたい注意点をご紹介していきます。

皆さんが業者をまず探すとなると、インターネットで情報収集をする方が多いのではないでしょうか。格安の業者を見つけた時は、すぐに申し込まず、じっくりと内容を読み込んでください。もし不明な点があれば、質問をしてみると同時に、その業者の口コミも確認しましょう。ここでのポイントは、口コミは様々なサイトを見るということです。あるサイトでは良い評価でも、別のサイトでは酷評ということもありますので、面倒くさがらずにチェックしましょう。

まとめ

ここまで、アンテナ工事で撤去する際に気を付けてほしいポイントをまとめてきました。皆さんの知らない情報がありましたら、繰り返し読み直してみてくださいね。今すぐ撤去する必要が無くても、知っておけば安心のポイントを押さえておいてください。

アンテナ撤去は自分でやらずに、業者に依頼して安全に取り外してもらいましょう。今は探せばかなり格安でやってくれる業者もあります。業者の口コミチェックも忘れずに、良い業者を探してくださいね。