4kのアンテナ工事は高くつく?価格のホントをお話しします

2019.05.13

家電量販店に足を運ぶと、4kや8kといったテレビが多く売られていることに気がつくのでは無いでしょうか。従来の画面よりも美しく見れるようになるということはご存じだと思います。

ただ、ここで知っておいて欲しいことは、テレビを購入しただけでは見ることができないんです。専用のアンテナを設置しなければなりません。

ここでは、アンテナ工事の価格についてわかりやすく解説していきます。

4kを設置するにはいくらかかる?

では実際に、4kを見るためにはいくらかかるのでしょうか。まず、4k対応のテレビと接続するためのアンテナを購入しなければなりません。テレビは画面の大きさによって値段は高いものから安いものまで、ピンキリです。

アンテナは、だいたい一万円から値段が上がっていくようです。また、チューナーも設置しなければならないので、こちらは三万円から高いものは十万円などにもなっているようです。

しかし、ここでお話ししたことは、「自分で」アンテナを設置する人向けです。アンテナ工事は屋根の上などで行われ、素人が簡単にできるものではないので、ふつうは業者に依頼します。業者に依頼すると、これらの値段にプラスで設置料金や、危険手当などが請求されます。

価格のウソとホント

次に、価格の実情を見ていきましょう。皆さんが4kのアンテナ工事を依頼しようと思ったら、まずはスマートフォンやパソコンから業者の情報を集めることが多いと思います。その中には、本当の情報も、嘘の情報もあるので、精査していかなればなりません。

検索してみると、たくさんの工事業者が出てきますね。ここで皆さんに一番注目してもらいたい点は、値段だけでは無く、保証についてです。アンテナを設置した後、多くの人はテレビを数年は必ず使いますよね。急に見られなくなってしまったとき、保証が無いと大変です。

値段の高い、安いを確認しながら、保証はされているのか、保証期間はいつなのかも忘れずにチェックしてくださいね。業者の口コミなども参考になりますよ。

安く済ませるコツとは

保証もついている業者を発見したけれど、やっぱり安く抑えたいという方は多いでしょう。ここでは、いかに安く済ませるかについてお話ししていきます。

まず、安く済ませるために必ずやっておくべきことは、「見積もり」です。そんなの分かっているよ、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、以外と皆さん忘れがちなんです。

見積もりは、各社ごとに出してもらう方法もありますし、見積もり総合サイトなどから一気に出すことが可能です。業者によってはすぐに決断をして欲しいというようなところもありますが、まずは落ち着いて、見積もり結果を全て確認した上で4kのアンテナ工事業者を選ぶようにしてください。

まとめ

ここまで、4kテレビを見るために、アンテナ工事をいかに安い価格で済ませられるのかについてお話ししてきました。安さだけを求めても、保証がついていなかったりしなければならないので、注意しなければならないということ。

また、より安くすませるには、見積もりを出してもらうということがポイントでした。せかしてくる業者に惑わされず、本当に良い業者を選ぶようにしてくださいね。

アンテナ工事は決して格安という事は少ないかもしれませんが、皆さんが満足のできる価格で行ってくれる業者をリサーチできる手助けができていれば幸いです。