失敗しないアンテナ工事の選び方!戸建ての際の注意点とは?

2019.04.10
最終更新日:2019.04.05

便利な世の中になったとはいえ、便利な環境にするためには、その前段の作業が欠かせません。例えば戸建ての住宅に入居するという場合、その家にアンテナ設備が設けられていない、若しくは新築の戸建てを建てる場合は、アンテナ工事をしなければならないという注意点があります。

でも今までアンテナ工事の勉強をしたことが無ければ、どんなアンテナがあるのか、そしてどれが良いのかなどの注意点なんて、分かるはずもないことです。そこでそんな初めての方でも失敗しないアンテナ選びのポイントをご紹介します。

 

自宅の外観を邪魔しないアンテナ選びとは

まず戸建ての場合の注意点としては、景観を損ねないというポイントは押さえておきたいところではないでしょうか。アンテナ工事をする前に、まずは自宅の外観を邪魔しないアンテナ選びをしましょう。

近年、アンテナは様々な種類の形状のものが増え、以前のような屋根の上に伸びるアンテナというのは減ってきています。この屋根の上のアンテナとは、魚の骨のような形をしたもので、八木式アンテナやUHFアンテナと呼ばれる形状のものです。しかし、近年はこうして屋根に乗せるものよりも、壁面に装着するデザインアンテナと呼ばれるものや、屋根裏に設置する平面アンテナなどが普及しつつあります。

こうした家に内蔵するようなアンテナについては、家が完成する前にアンテナ工事をする方が良い場合が多いです。配線や壁面工事の関係上、その方が外観を邪魔しないのです。

つまり、戸建て住宅を建てる際の注意点としてどのタイミングでアンテナ工事をするのか、そしてどんなタイプのアンテナを取り付けるかを検討しておくということが大切です。

 

戸建てのアンテナ工事で問題となるのは

こうした見た目の種類以外にも、アンテナには別の面での種類があります。例えばパラボラアンテナやBS、CSチャンネルを閲覧できるアンテナなどです。でも、それ以外の種類もあるというのがアンテナの注意点です。

電界といって、その地域によって電波の強弱が違う場合もあるので、その立地に合わせた種類のアンテナ選びをしなければならないのです。例えば戸建て住宅を建設する地域の電界はどの程度なのか、確認しないでアンテナ工事をしてしまったら、テレビが映らない場合があります。

またこれ以外に、戸建て住宅の場合、お部屋のどこでテレビを見るのかということで分配器を設置しなくてはならない場合もあるでしょう。そうなると分配器やアンテナの配線にも確認が必要です。戸建て住宅でアンテナ工事をするという場合は、このようにアンテナに関する様々な下調べを行い、その場所に相応しいアンテナを選ばなければならないという注意点があるのです。

 

使用用途も考慮して選ぼう

なにより戸建て住宅のアンテナ工事は、まず電波をキャッチできるアンテナであるということ、使いたい部屋でテレビが見られるということ、この2つのポイントが基本の注意点と言えます。

いわゆる使用用途に適したアンテナということですが、これがテレビを見るうえで最大の注意点でもあります。一般の地デジ放送は比較的様々なアンテナで受信することが可能です。でも、例えば衛星放送を閲覧したい時、専用のアンテナがなければ電波を受けることができませんので、テレビを見ること自体できません。

今、テレビ放送は様々な電波のものを見ることができるようになりました。国内に留まらず、海外で行われるスポーツ大会、海外アーティストのライブを見ることもできます。また、過去の名作ドラマや歌謡曲などを見られるチャンネルもあり、個人の好みに合わせて選ぶことができます。そのために必要なのはアンテナ工事です。何を見たいか、なにを受信できるか、使用用途を考慮してアンテナを選ぶのはとても大切なことです。

 

まとめ

戸建て住宅におけるアンテナ選びにまつわる注意点をご紹介しました。戸建て住宅を建てる場合は、たかがアンテナではなく、まずアンテナなのです。

こうした注意点を考慮し、自分の住まう家に最適なアンテナを選ぶことができれば、その生活は更に快適になること間違いありません。自分の楽しめる映像があるということは、ストレス発散や余暇の満喫にもつながります。

まずはどんなアンテナがあるのか、どれがわが家に適しているのか、こうした注意点をしっかり見極めてアンテナ工事を行いましょう。