8kのアンテナ工事でトラブル発生!どんな問題が起きているのか

2019.05.16

8kテレビとは、7680×4320画素を持つという、大変美しい画像を見ることができるものです。4kテレビ、2kテレビという言葉も聞いたことがある方なら、8kは4kの4倍、2kの16倍もの美しく鮮明な画像を見ることができることもご理解頂けるかもしれません。

皆さんも、テレビを視聴するならきれいな物を見たいですよね。その8kは、対応しているテレビを購入するのはもちろん、アンテナを購入して設定すればみることができます。しかし、昨今は設置に関してのトラブルが増えているんです。
ここではそんなトラブルの内容と対策法を皆さんに伝授します。

8kテレビのアンテナ工事でトラブル発生!どんなこと?

アンテナ工事でのトラブルは、大きく二つの問題に分けることができます。まず一つ目は、アンテナ設置業者と起きやすい料金のトラブルについてご紹介します。

業者の中には、対応の良いところもあれば、悪徳業者もいます。悪徳業者は主に、通常の値段では考えられない料金を請求してくることが多いです。特に、8kテレビの設置などでは、こちらに知識が無いことを良いようにして、好き勝手をする場合があるので、おさえておくべきポイントを確認し、良い業者に依頼できるようにしなければなりません。

二つ目は、設置してもらったはいいけれど、映らないというトラブルです。こちらは良い業者であっても起こり得る問題ですので、8kに関する知識を理解し、次に何をすればよいのかを判断できるようにならなければなりません。

業者との問題が起きやすい

業者と起こりやすいトラブルは料金についてということを先ほどご紹介しました。では、具体的にどのようなトラブルなのかを見ていきましょう。

まず、アンテナ工事を依頼した業者が悪徳であった場合についてです。悪徳業者は高額な設置を請求してきたり、事前には指定されていなかった「出張費」や、屋根の上などで工事をした際に「危険手当」などを請求してくることがあります。

このようなトラブル防止として、業者に依頼する時は一件だけではなく、数件の業者に依頼してみましょう。通常の業者であれば、見積もりを出してくれますし、追加料金などもその時に示してくれます。サイトなどから検索する際も、値段が明確に記載している業者を中心に、口コミなども確認して検討するようにしてください。

映らないという問題の解決法!

8kがみたいのに映らないというトラブルをお持ちの方は、こちらの情報が必見です。映らないのには二つの理由があります。

まず一つ目は、8kについての知識が無いということです。8kを見るためには、BSやCS放送と同様に、アンテナを設置しなければ現状のテレビでは見ることができません。
最近ではチューナーを搭載したテレビもありますが、そうそう買い替えることが無いので、古いテレビの方はアンテナが必要です。

二つ目は、設置されたアンテナやチューターに問題が発生してしまっている場合です。こちらについては、設置してくれた業者や販売店に相談してみましょう。自分で修理することは難しいので、専門家に見てもらうことが重要です。

まとめ

ここまで、8kテレビで起きがちなトラブルと、その事前防止法や解決法についてアドバイスをしてきました。これから8kテレビにしようと考えている方は、アンテナ工事の時からしっかりと対応をしておかないと、後で問題が発生してしまうので、気を付けるようにしてくださいね。

気を付けておきたいポイントは、業者とのトラブルです。料金を巡るトラブルは昨今増加しているので、業者の選び方には細心の注意を払うようにしてください。