突然のアンテナ故障に即日修理できるアンテナ工事業者はある?

2019.03.12
最終更新日:2019.03.27

アンテナのトラブルにはさまざまな要因があり、それまで異常なく映っていたテレビが、突然のアンテナトラブルによって急に映らなくなることもあります。楽しみな番組が放送される日にそんなトラブルが発生すれば大変なことです。そこで、迅速にアンテナを修理してもらえる業者はあるのか、復旧してもらうにはどうすればいいのか、即日の対応にかかる費用などを、ここで解説します。

アンテナの故障かと思ったときは?

アンテナのトラブルによってテレビが映らなくなった場合、主にテレビ画面に「E201」「E202」「E203」などのエラーコードと、そのエラーの原因が表示されます。これらのコードが表示される原因は、主にテレビに電波がまったく届いていないか、アンテナからの電波が弱まって受信レベルに達していない。または放送局が放送を休止しているといったものです。

具体的には、何かの影響により通信状況の阻害が生じているか、機材の一部が経年劣化、または故障といった現象により引き起こされていることが予想されます。この場合、まずフリーダイヤルを備えたアンテナ工事業者を探します。対応時間内に連絡すれば、エラーコードや状況などから原因を推測し、対策を教えてもらえます。それによって状態が復旧しない場合、即日対応できる業者であれば、電話で頼み次第、業者の職人が修理に駆けつけてくれます。

即日対応できるアンテナ業者とは?

現在では多くのアンテナ工事業者で、アンテナの故障や新規設置に対して、自宅から連絡すれば即座に駆けつけ、その日のうちに作業を完了させるといった工事に対応しています。そのような業者では公式サイトに「迅速、即日対応」を謳っていることが多くなります。

ただこのような業者は、工事の対応地域が限られていることもあるので、まず公式サイトやフリーダイヤルなどで、自宅のある場所が対応区域になっているかを確認し、到着や作業などにどの程度の時間がかかるかを問い合わせて確認するといいでしょう。

また祝祭日や、災害などによりアンテナ復旧の依頼が多発しているといった繁忙期には、早急対応を謳う業者であっても、即座の対応は難しくなる場合もあるのでご注意ください。即座に対応できる場合は、現場の状況にもよりますが、職人の到着から一時間以下から二時間程度で、トラブルの原因を特定し、復旧できることが大半です。

即日や夜間対応に費用はかかる?

急にテレビ番組が映らなくなり、画面にエラーコードが表示されるトラブルの場合、テレビ本体の不調や、アンテナ線、B-CASカードの接触不良などの、ごく簡単な原因であるケースもあります。アンテナ業者のフリーダイヤルに連絡した場合、まずテレビのリセットや、B-CASカード、コードの挿し直しなど、簡単な対策を教えてもらえます。

もしそれでトラブルから復旧した場合、基本的に代金は必要ありません。それで復旧しない場合は、即日対応の業者であれば、職人が現地へと駆けつけます。アンテナ修理料金は業者ごとに規定の基本料金があり、即日対応でも追加料金が加算されることは少なくなっています。ただし、例えば原因がブースターの故障など、機材を交換する必要がある場合は、工事費にその機材分の費用が加算されます。また夜間工事に関しては、追加料金なしの業者と、加算される業者とがあるため、確認が必要です。

まとめ

現在では多くの業者がアンテナ修理の即日工事に対応し、急ぎの工事を依頼しても、特別な料金は必要ない場合が大半です。ただし迅速対応を掲げる業者でも、繁忙の状況によっては即座に引き受けることができない場合もあります。

基本的に、少しでも早い復旧を求める場合は、まず業者のフリーダイヤルに連絡し、自宅の位置で即日対応は可能か、どの程度の時間と費用かなど、仮見積もりを出してもらい、納得できる業者に依頼するといいでしょう。