おすすめの4K8K対応のBS・CSアンテナ

2019.01.31
最終更新日:2019.03.27

4k8k放送を視聴するためには、対応のbscsアンテナを準備しなければなりません。設置するためにどのようなものが必要なのかをまとめました。自分で設置することも可能です。
また、巷には4k8k用の様々な商品が溢れています。色々あってどれを選んだらいいのか迷っている方のために、オススメの商品をご紹介します。どんなチャンネルを視聴したいのか、自分でも考えながら、比較検討してみてください。

BS・CSのアンテナ設置に必要なものは?

まずは、SHマーク対応のbscsアンテナを準備しなければなりません。これまでの放送は「右旋円偏波」でしたが、新しい電波方式である4K8K放送を視聴するためには、「左旋円偏波」を利用するチャンネルが必要です。
また、アンテナからテレビへ3224MHz高い出力周波数まで対応しなければなりません。そのために、「右左旋対応のSHマークがついたbscsアンテナ」が必要となります。
また、アンテナの取り付けを自分一人で行う場合はレベルインジケーターがあると便利です。取り付ける際の方向調整、角度調整を簡単にすることができるからです。取り付ける際に、手元のレベルインジケーターがLEDランプの点灯により、通電や方向調整の判定を知らせてくれます。

スカパー見るならSP-SHV100D

124/128度CS「スカパープレミアムサービス」を利用されている方で、4K8K放送も楽しみたい方が必要なアンテナはSP-SHV100Dです。スカパープレミアムサービスに対応している唯一のマルチアンテナなので、スカパーを見るならこの選択肢しかありません。迷わずこちらの設置を検討しましょう。
2019年1月現在12000円ほどで販売されています。工事費用などは別になります。自分で取り付ける場合は、取り付け金具等も必要です。SP-SHV100Dは45㎝のサイズなので、それに合ったものを選びましょう。
例えばMHV-117は50cm以下のbscsアンテナを取り付けるのに使用できるものです。ベランダの手すり、格子、壁面、柱など様々な場所に取り付けることができます。

スカパー見ないならBC453SK

124/128度CS「スカパープレミアムサービス」を利用しておらず、今後も利用の予定がない場合は、BC453SKがオススメです。同様のアンテナと性能や価格を比較した結果の総合評価です。価格は2019年1月現在6500円程で、前述した「スカパープレミアムサービス」が見られる物と比較して半額ぐらいです。
また、取り付け金具や同軸ケーブルもついているのでお得です。使用している同軸ケーブルが古いと、放送視聴においてノイズが出たり、モザイクのようなものが出たりと、音や映像に支障が出てしまいます。
アンテナの取り付けをする機会に、ケーブルも新しいものに交換することをオススメします。こちらは、110度CSを利用したスカパーの4K放送は視聴することができます。スポーツチャンネルや映画チャンネルなど様々な放送を視聴可能です。

まとめ

4k8k放送の視聴に興味はあるけれど、どのように準備したらいいか分からなかった方も、準備の進め方が理解できたのではないでしょうか。難しそうに思えるアンテナ選び、設置も意外と簡単なのです。
アンテナについては、ご自身やご家族の状況を踏まえ、今後視聴したいチャンネルをよく考えた上で選ぶことが大切です。しっかりと準備をしたら、今後も増えていく4k8k放送を楽しんでいきましょう。ご自宅にいながら、その場の臨場感や躍動感がひしひしと感じられるはずです。